~ニット糸と織り糸の違い ~一番良い原料を使うニット

繊維の細さと長い原料を求められるニット糸

 

 ニットの自慢話になってしまいそうですが、天然素材の原料で糸を作る(紡績する)とき、最も良い原料を使うのはニット糸、と言うのはあまり知られていません。

 ニット屋同士の間では、『このカシミヤの原料の長さじゃニット糸は無理だから織り糸だね』なんて言う話が出る時があります。
なぜニット糸はグレードが高いんでしょう。それは撚りの甘さです。

 

 糸を作る(紡績する)基本は『原料の繊維を束ねて撚りをかける』ことです。
細い糸にひくには、束ねる繊維の量は別として、撚りを強くかければ丈夫でかなり細い糸でもひく事が出来ます。

 しかし、ニット糸の場合はふんわりした糸が命ですから強く撚りをかけることが出来ません。
強い撚りをかけられないなら一本一本の原料の繊維が長くなければ抜けてしまいます。

 ふんわりした糸を作りたいのに強い撚りをかけられないから『長い繊維の原料』を使うしかありません。その長く細い繊維は高価なんです。

 

 ニットの匠たちは、ウールの糸は編み機にセットしてちょっと編んだだけで糸の良し悪しが分るといいます。
ウール以外の糸はある程度強い撚りがかかっていますので素抜けしたり切れたりはあまりしません。

 

 ウール、特に紡毛と言われるカシミヤ、アンゴラ、モヘヤ、キャメル、アルパカなどはそれぞれの原料の特徴もあり繊維の長さをはじめ撚りの回数などで違いが出るので知識と経験が必要です。
カシミヤは繊維が短いと素抜けしやすい、撚りが強すぎると縮絨しても風合いが出にくい。アルパカはいちばん素抜けしやすく毛が他に着きやすい。アンゴラは毛が切れやすく埃のように飛び散るし、モヘヤもストレートな繊維なので伸度が弱く編むのに苦労する。等々・・・。

 

 

織物は生地になってからが勝負?

 

 一方、織り糸の場合はかなりの撚りをかけてしっかりした糸を作ります。縦糸を張り、横糸を通しながら織り込んで、その上に筬で詰めて一枚の布にするので糸はしっかり丈夫でなければなりません。その為には撚り回数を多くして引っぱりに強い糸にするんです。

 

 カシミヤの織物はその生地の表面を引っかいて毛を立たせて独特の織り物を作ります。その毛羽立ちの良さが布地の評価を大きく左右します。

 昔から生地を引っかいて毛羽立たせるのに野生のあざみの実のイガイガを使ってきました。そのためにヨーロッパの高級生地生産工場では自家栽培であざみを育てていたんです。この頃は金属製等の代用品もあるそうですが、やはり天然のあざみの実に勝るものはないそうです。

 その毛羽立ちの技術を誇るかのように、カシミヤの織り物のメーカーにはあざみの実のマークをよく使っています。カシミヤ織り物の代表と言われるロロピアーナのマークにもあざみの実がデザインされ、カリアッヂなどはもろあざみの実です。

 

 このように同じ原料の繊維を使っても糸に対する要求が違うので原料の選び方もちがってきます。けっこう奥が深く面白いですね。

コメントを残す

すべてのコメントは公開される前に管理されます