とろける肌触りの特殊なシルク「絹紡糸(けんぼうし)」

カシミヤ屋の仕立てる、とろけるような高級シルクニット
絹紡糸(けんぼうし)で編みました

年中“カシミヤニット”をお作りしているUTO。
春夏は“肌触りの気持ちいい高級シルクニット”をお作りしております。

おすすめポイントはなんと言っても、他の素材にない“とろけるような極上の肌触り”です。

艶やかでしっとりとした肌触りの“シルク”素材は贅沢そのものですね。
数あるシルク素材の中で、UTOが選りすぐり使用しているシルクは“絹紡糸(けんぼうし)”という“しなやかさ”のある特殊な高級シルク100%糸です。

着ていて気持ちいい
しなやかなで柔らかい「絹紡糸」

元来の絹糸は、ストレートで素晴らしい肌触りと光沢が特徴です。
また、一般にシルクと言えば「織物」で蚕の生糸から織られますが、「ニット」を編むシルク糸は織物の生糸とはちょっと違います。

千メートルにもなる絹糸を何本か束ねたのが生糸で、その生糸で織りあげたのがシルクの反物ですが、「ニット」で使用する糸は長い生糸をそのまま使うのではなく、短くカットしてワタ状にして、そのワタを紡績してニット糸にしたものです。

絹を紡績するので絹紡糸(けんぼうし)と呼ばれます。

その絹糸を短くカットしてくしゃくしゃのワタにすると、絹の良さはそのままに空気を含んで“やわらかい優しいワタ”になります。

わざわざ生糸をカットして紡績をして作られますので、シルク本来の肌触りや光沢の良さなどの特徴に加え、ふくらみと柔らかさがプラスされた優れた素材のニット糸として高く評価されています。

春夏に安心!お手軽に洗えるシルクニット

糸の段階でお洗濯(手洗い)ができるようにウォッシャブル加工しております。
汗や首回りや裾の汚れをご家庭で簡単に洗ってお手入れできますので、いつでも清潔な状態を保つことができます。

またシルクは、糸そのものに備わっている調湿性、UVカット、抗菌・消臭性など機能性にとても優れ、肌にとても優しい素材です。

綿とは一味違う上品で美しい光沢と、絹紡糸の柔らかくとろけるような極上の肌触りをお楽しみください。

 

カシミヤで培った技術で作っています

繊細な最高級カシミヤニットを年中編み仕立てているUTOのカシミヤ職人は、素材の大切さ貴重さが身に染みています。

品質が大事な高級素材ほど“時間をかけた研究”がかかせません。
「良い風合いを引き出す」「型崩れしない」「気持ちいい着心地」など、日々の素材研究が最高のニットを生み出します。

こちらのシルク素材(絹紡糸)も研究を続けて“2年目”になりました。

時間がかかっても丁寧に作ることは少量しかお作りできず欠点かもしれませんが、春夏もUTOならではの“極上の気持ちいいニット”をお届けいたします!