色々色の天使のエコストール

 

『なんともならないロット違いの色の残糸を何とかしたい』

 

おおよそですが、レディスのセーターは250g、メンズで300g前後の糸量がかかります。
もちろんサイズや着丈などで大きく変わります。あくまでも目安です。

糸を購入する最小の単位が1kg。カシミヤの糸に限らずウールやコットンなどの素材も1kg巻き(コーンと呼んでいます)です。

売るほうも買うほうも必ずチェックするのが『ロット』です。
ロットとは糸を作った(紡績した)単位で、糸には必ずロットナンバーが記載されています。このロットナンバーが違うと大変なことになってしまいます。

 

ロット違いで一番困るのが色違いで、同じ色でもロットが違うと微妙に違うのです。
糸(コーン)で見比べてみても全く解らなくて同じ色だからと油断して途中から違うロットの糸で編んでも人間の目は微妙に違うことを見分けてしまうんです。

人間の目って凄いんですね。

(綿を同じように染色しても、写真のように微妙に色が異なってしまいます。この差をなるべく無くす為に、5つの綿(青色)をブレンドして近い色を目指します。
それでも、完璧に同じ色にはなりません。
余談ですが、5つの色を混ぜて色を出しているので単調でない深みのある色になります。)

1着分300gかかるセーターを3着編むと、300gx3着で900gです。この場合は1Kgで足りますが、残りの100gの糸を使って違うロットの糸と一緒にもう一着セーターを編もうとしても同じ色でも使えません。天使のストールを編もうとしても1枚120gかかるので編めません。返品も出来ません(当然です!)ので配色の一部で使うとか、小物を作るチャンスを待ちますが、工場には小さなコーンがたまっていきます。

 

『もったいない』から出来た究極の「エコストール」

 

この残糸をなんとかしなくてはなりません。

最高品質の原料。1Kg、ン万円もする糸。
ロットが違うことで使えないとはあまりにもったいない。

貴重で高価なカシミヤを何とか換金しなければと日々頭を絞って、出来たのがこの『色々色の天使ストール』です。

小さく残った糸を、色と分量を、出来上がりを想像しながら1本の糸に繋ぎコーンに巻き上げていきます。

そのときにどんな色の糸がどれくらい残っているいるか、どんな色の組み合わせが出来るか想像するのも楽しみです。

(残った糸を、出来上がりを想像しながら1本の糸に繋ぎ合わせる)

 

巻き上げた糸で天使のストールと同じに編み上げます。
当然、色が途中で変わりますが、そのつなぎ目が編地の途中に出てしまいます

気にならないという人が多いのですが、UTOでは、ボーダーや糸の切り替えの原則は『編み端』ですのでプロパー品としては出せません。

オンリーワン配色の天使は訳あり価格で


そこで色々色のマフラー/ストールは『訳あり』のサービス品として販売することにしました。

柔らかさ、暖かさなど、色の切り替え以外は本番の商品と全く変わりません。色の配色さえ気に入って頂ければ、他に2枚とない掘り出し物です。

今回も色々色の配色を楽しんで頂ければ幸いです。 うと