商品物語〜スカーフのようなカシミヤストール〜

「スロンティングストール」と聞いて「あぁ、あれのことね!」と思い浮かぶ方は少ないかと思います。なぜならこれは、天使のストールと同じくUTOのオリジナル商品だからです。

スカーフのようなストールに。。

「端が斜めになった素敵なストールを作りたい!世界にありそうでない!」

昔ある時、“スカーフ”を見てふとそんな気持ちになりました。

 

なら、ニットの端を斜めにするにはどうしたらいいか?

「カットするしかない」 
「カットしたらニットだからほつれてくる」
「ほつれない為には、折り曲げてまつるか、何かつけるか、、」 
「どの方法も美しくない、、どうしよう、、」

 

それから3年が過ぎ…ある日ひょっと思い出しました。
昔、英国製のニットは斜行して困ったことを

 

なぜ英国製のニットは斜行したのか?

普通は双糸(2本の糸を撚った糸)を使うけど、イギリスでは当時単糸(1本の糸)を使っていたからでした。

「単糸で編んだら、ひょっとしたら斜めになるかも?」

そこから斜めのストール開発が始まりましたが、完成までとても大変でした。

職人と重ねた糸への挑戦

「単糸は日本にあるのか?」
「紡績屋さんに双糸加工する前の糸があるはず...あった!」
「果たしてその単糸で編めるのか?」電話で手横の職人さんに聞く。
「当然、難しいよ!番手違いで糸が弱いから切れるよ」 

糸を持って職人さんを訪ねて頼み込む

「何とか編めないですか?」 

来られたら無下に断れないのが職人さん 

「糸を触って、ひょっとしたら編めるかも?」 

とにかく編んでみてもらう
最初は恐る恐る、手加減しながら編む 

「オォ!編めるよ!すごい!(嬉しい)」
「仕上げてもらって完成!!ヤッター!」
「でも職人さんが一枚一枚編んだら高額品だ!多分4万円〜5万円。。 何とか量産して安くできないだろうか?」

今度は岩手工場へ..何とか機械で編んで安くしたい

「そんなに細い番手違いの糸は、手横では編めても機械は引きが強いので難しいと思う。でもやってみます!」
「従来の2台の編み機ではダメ、でも、、新しく導入した編み機なら編めます!」
「編めても端が斜めなので仕上げが大変!」 

 こうして試行錯誤を繰り返して、なんとか端が斜めのカシミヤニットストールは完成しました。

名前は北上市の方が命名!

愛称を!

北上市役所に相談し、北上市民と岩手県民の皆さんから応募、、

30通もののご応募があり『SHIRAYURI STOLE』『結花』など素敵なネーミングをいただいた中、盛岡市・矢羽々さんの「スロンティングストール」に決定しました!

透けそうなほど薄く、美しく輝くストール

もともと斜めにしたい!想いから始まり長い物語の末に完成したスロンティングストール。

透けてしまいそうなほど薄く、2本ですら繊細なカシミヤの糸を1本に 、それはもう、うっとりするほどのやわらかさです。

今では“カシミヤ”の秋冬素材のイメージを払拭して、春夏に包まれたいカシミヤストールとして好評をいただいております。