カシミヤニットストールが雨などで濡れた時のケア

梅雨の季節になりました。
“晴れ”から急に天候が“雨”に変わり、お気に入りの洋服が濡れたらとても悲しいですよね。

それがカシミヤ素材だったら、、どうすればいいかと不安になってしまいませんか。

そこで今回は「カシミヤニットストールが雨などで濡れてしまった時のケアについて教えます!

 

カシミヤニットは濡れても大丈夫?



繊細なイメージのカシミヤが雨に濡れたら、、

まず結論からお伝えしますと、「ニット」はいつも通り「日陰干し(風通しの良い)」して自然乾燥をするだけで問題ありません。

神経質にならなくてもOK!です。

※「ニット」の場合です!

“ニット”は伸びないよう平干しネットがおすすめ!

 

優しくタオル等で水分を拭きとり「日陰干し」さえすれば、カビの発生を抑え日焼けもすることもなく、ふんわりとした風合いを保てます。


ただし!唯一“摩擦”にはお気をつけください!

 

カシミヤ山羊は“美髪”の持ち主



カシミヤ山羊の毛は他の山羊(ウール)よりもキューティクルが少なく、さらさらな毛です!
そのためウールよりも毛が絡みにくくフェルト化し(縮み)にくいため、比較的にケアしやすい素材です。


とはいえ、濡れた状態で「摩擦」が起きると多少フェルト化し、縮んだり、ふんわりとした風合いが変わってしまいます。。

美毛なカシミヤでも、摩擦には注意が必要です!

 

繊細な“織物”
ケアしやすい“ニット(編み)”



特に「織物」のストールは隙間の無さによる綺麗さと光沢が特徴で、ほんの少しのフェルト化でも「織り」がガタガタになり、その良さを損なってしまうので注意が必要です。

水染み:織りの場合、毛並みが乱れ、シミになったように見えてしまいます

 


逆に、、、

「織物」ではなく「ニット」は、フェルト化の影響がほとんどなく、そこまで神経質にならなくてもいい、日々着けやすいのも「ニット」の良いところです!


カシミヤは雨・雪に濡れたら

①水分をタオル等で優しく拭きとる
②日陰干し すれば問題なし!

濡れている間の摩擦に気をつける」ことが同じ状態を保つ秘訣です!