〜風合いもUTOのこだわりです〜デザインごとに違う風合いの出し方

イタリアのスーツを作っているメーカーでは、試着だけを仕事にしている人がいるそうです。

毎日毎日スーツに袖を通して出来上がったスーツの着心地をチェックするんだそうです。袖を通した途端に『チョットここが違うとか、不自然とか』服の出来具合が分かるそうです。そして、『今日は何事もなかった』というのが一番いい仕事が出来た良い日で満足感を覚えると言う話でした。

毎日ものづくりをしてるプロの人たちが気付かなかった見落としを見逃さない技量と経験をもったプロ中のプロであることはいうまでもありませんが、数字や見た目には表れない着心地はとっても大事なことだ思います。

UTOも、セーターを着ていただいたとき、違和感がなく、長すぎず短すぎず、適度な余裕を持って自然に見えるというのが一番良いセーターだと思っています。

セーターは伸び縮みがしますから布帛の服より着心地がいいのは当然ですが。

 

『私はヨーロッパのカシミヤの風合いが良い』とか、『イギリスのカシミヤがやっぱり一番』という人がいらっしゃいます。その人のお気に入りがヨーロッパのどこかのメーカーやイギリスのメーカーが作ったものだったんでしょうね。

でもカシミヤセーターの製造工程を理解していたらヨーロッパとか日本とかの違いではなくブランドごとや品番ごとに風合いは違うということが解ると思います。

風合いの違いもデザインの違いと同じようにそのブランドがどんなこだわりをもってどんな風合いにするかも主張の一つなんです。皆さんが店頭で手にしたときに、『如何にも柔らかくフンワリしているもの』や、『カシミヤの柔らかさは有るけどちょっとコシが強い』等々、慣れてくるとカシミヤにも色んな風合の商品があることを理解されると思います。

風合いの出し方にはいろんな方法がありますが大きなポイントは二つです。

それは編地の度目(どもく)と縮絨(しゅくじゅう)です。

度目とはニットを編むとき緩く編んだりつめて編んだりする度合いのことです。

粗めに編むことを度目(どもく)を甘くすると言います。粗く編むと目付けといって糸の量も少なめに上がりますし、度目を詰めて編むとしっかりした編地になりますが糸を使う量(目付け)も増えます。どの程度の度目で編むかはブランドとしての大事な主張の一つです。

二つ目は縮絨(縮絨の話参考)です。粗く編んで強めに縮絨をするとそれこそふんわりになるし、つめて編んで弱めに縮絨すれば固めの風合いになります。

 

風合いは柔らかければいいというものでもないし、硬すぎてもカシミヤの良さが発揮されないし、編地の度目と縮絨のバランスが重要です。

コメントを残す

すべてのコメントは公開される前に管理されます