Skip to content

Cart

Your cart is empty

Book "The Story of Cashmere and Knit" Author: UTO Uto Toshikazu

Sale price¥1,760
SKU: pre-launch-01

The Story of Cashmere and Knit

Author Toshikazu Uto

Issued by: Ciken Shimbun

List price 1600 yen (excluding tax)

5 format / 183 pages

Index

  • Cashmere is an ugly duckling - a shrunk
  • How to create a different look for each design
  • Cashmere Pullover Hand Washing (1)
  • Cashmere Pullover Hand Washing Recommendations (2)
  • Advice on wool washing
  • "Melyas" by Meryas, a visit to Nanban
  • "Air" is the secret of warmth.
  • Cashmere that doesn't cut hair as easily as a azalea
  • Fashionable Treat - Cashmere 100% Price Difference
  • The MVP of knit pullover spread is Viking
  • "I make it in the size that the customer wants"
  • The first impression of the knit shop's monoloynth / the first meeting "People judge by appearance"
  • A variety of yarns - cashmere is best made in the UK?
  • The cashmere of the angel that Takumi and his wife create
  • It's called 100% wool.
  • A variety of wool - features of
    Sheep, Angola Moheya Alpaca Camel
  • The color of cashmere with various colors
  • Because it is dyed first, it is called "top dyeing"
  • Knitted "gauge" is very reasonable
  • Learn the basic knitted fabric and its features
  • Tengu knitting, ribbing, bag knitting
  • It's not good - knit comfort
  • Knits in the first place - stretching knits, stretching fabrics
  • Knitting in Japan - a large amount of decent products
  • The sloother and dinner of the Japanese restaurant are everyone's sunny stage (so in formal dress)
  • Knit a pullover - from the hem around the body, the sleeve from the cuffs
  • Knits stretch and contract even sewing - Linking
  • The science of hairballs and how to wear them without hairballs
  • Points of cashmere wear & care
  • There seems to be cashmere which can not be a monolothy of the knit shop and the hair ball
  • Be careful of worm-eaten (1) - Himemaru is suspicious
  • Be careful of worm-eaten (2) - Insects also judge "good" and "bad"?!
  • It is very difficult to fix the knit.
  • There seems to be more expensive wool than cashmere.
  • Basic products are "for sale"
  • The Age of Bipolarization - People Who Are Hot and Cold in Fashion
  • Towards making the world's best cashmere knit

I send it by a packet or a click post.

 

お支払方法・ご配送についてはこちら→

×

UTO

カシミヤニット・カスタムオーダー

 

お好みの「サイズ・色」でオーダーできる
UTOの日本製カシミヤニット。

自分にしっくりと馴染む、
"身"も"心"も温まるニットをつくりませんか。

 

サイズオーダー

「着丈・袖丈・サイズ」
ニットを「お好みのサイズ」にオーダーいただけます。

身体に気持ちに心地いいニットは、じぶんの分身のように一生愛し続けたいと想えます。

着心地はもちろん、シルエットも印象も格上げしてくれます。

カラーオーダー

色のブレンドによって生まれた、
上品さを引き立たせる、深く美しい「25色」のカシミヤ。

UTOの豊富なカラーバリエーションから、色を着替える楽しさを味わってください。

UTO's CASHMERE KINT

 

「カシミヤ素材」へのこだわり

 

最高の素材からしか、最高の製品は生まれない
素材は、地球に優しくなければならない

 

UTOのカシミヤニットは、「世界トップクラスの原毛」と「世界最高技術の紡績」によって作られた「最高のカシミヤ糸」によって支えられています。

カシミヤ原毛は「繊維の長さ・細さ」「色・クリンプの度合い」などの要素で等級がつけられ、「最高等級の1級」はわずかな産毛の中でもさらにほんのわずか。

UTOのカシミヤニットは、中国内モンゴル地区で採取したそんな希少な「1等級のカシミヤ原毛」を、世界的な日本の紡績会社・東洋紡糸工業で紡績した「日本製のカシミヤ100%糸」に支えられています。

 

 

 

「日本製」へのこだわり

 

大量生産ではなく、「1枚1枚手作業」で丁寧なモノづくり
編みこまれた「職人の手のぬくもり」もお届け

 

一年中カシミヤだけを作る不思議な工場。
岩手県の北上川の支流和賀川を望む高台にある、自然に囲まれた工場から「UTOカシミヤニット」が生まれます。

何百枚、何千枚と作られたうちの一枚が、あなたのもとに行くのではありません。

着心地を左右する「リンキング縫製」、
ニットの美しさを引き立たせる「アイロン仕上げ」。

「手作業から生まれる品質」を大切にする東北の几帳面なカシミヤ職人が、
手間を惜しまず丁寧に「あなたのための一枚」をお作りします。

 

 

縮絨後(洗い加工)の乾燥は、UTOではすべて「自然乾燥」です。

自然乾燥は時間も手間もかかり、「乾燥機を使い短時間で乾かす」のが一般的ですが、
UTOでは風合い・品質にこだわり、最後の"乾燥"まで
「カシミヤを赤ちゃんのように優しく大事に、細やかな配慮を持って扱う」
ことが最高のカシミヤ作りだと信じています。

 

 

 

「色」へのこだわり

 

色彩のブレンドで生まれた、
深く輝くカシミヤカラー

 

染め方は、色持ちがよく永く色を楽しんでいただける「先染め」。
最も時間と手間とコストがかかる手法ですが、色への妥協はしません。

染め方は、ふんわりとした風合いを保つ「低温染色」。
低温でゆっくりと染色することで色を均一にする、長年の経験を駆使した高度な技術です。

色の細やかな管理が必要になりますが、カシミヤ素材の持つ滑らかな風合いを守ること、色の安定のために力を注いでいます。

 

 

たとえばUTOの「ロイヤルブルー」は、5色のワタをブレンド。
「ミディアムグレー」は、黒・白・ライトベージュ・ライトパープルをブレンドしています。

このように5色から10色のカシミヤのワタをブレンドすることで色に奥行きが生まれ、深みのある美しい色合いが完成するのです。

 

 

 

洗える、育てるカシミヤ

 

一緒に過ごす時間の分だけ
あなたと共に育つカシミヤ

 

「洗っても縮まない」ように、長年の研究と技術を込めて作る、自宅で簡単に「安心して洗えるカシミヤニット」。

洗濯・着用を繰り返し永く愛用するほど、よりふんわり、滑らかなになる、UTOの「育てるカシミヤニット」。

「天然素材」の特長を知り「経年変化」を感じる
贅沢な時間もお楽しみいただけます。

 

 

 

アフターケア

 

安心の「アフターケア」で
長くご愛用いただけます

 

もし、毛玉が付いたり汚れが落ちなかったら。
もし、擦れたり虫喰いにあい糸が切れてしまったら。

「長く、大切にニットをお使いいただけたら」との願いから、お届け後も「アフターケア(リフレッシュ・修繕)」を承っています。

綺麗な状態でずっと長く、安心してお使い頂けます。

 

 

 

10年、20年先も
ずっとあなたとともに

 

原毛、紡績、染色
さまざま分野の匠たちが時間と手間を惜しみなく
注ぎ込んで作った「一本のカシミヤ糸」を、

最後にUTOのカシミヤ職人が
1枚1枚大切に、手間をかけて編む、
「世界に一枚だけ」のUTOのカシミヤニット。

長く大切に、愛を持って使い続けて欲しいから。

何千、何万分の一ではなく
「かけがえのない一枚」を、
「身も心も暖まる極上の一枚」を、
あなたへ。