カシミヤの故郷へ(2)カシミヤ牧民一家の仕事にふれる

カシミヤの故郷へ(2)カシミヤ牧民一家の仕事にふれる

牧民の杜さんご夫婦にカシミヤ(カシミア)の採毛するところを見せていただきました。     <<「カシミヤの故郷へ(1)内モンゴルのカシミヤたちに会いに」     カシミヤ牧民の杜さん カシミヤ牧民の杜さん夫妻 杜さんは父親の時代からカシミヤ(カシミア)牧民をやっているそうです温厚...

続きを読む
UTOカシミヤニットとSDGs

UTOカシミヤニットとSDGs

UTOのカシミヤニットは地球に優しいと確信しています。UTOは自信を持ってカシミヤニットをお作りしております。 UTOカシミヤニットとSDGs 現在、世界中で取り組んでいる ・SDGs(持続可能な開発目標)・サスティナブル   SDGsは、社会のさまざまな課題を解決し世界を持続可能なもの...

続きを読む
カシミヤの故郷へ(1)内モンゴルのカシミヤたちに会いに

カシミヤの故郷へ(1)内モンゴルのカシミヤたちに会いに

半砂漠を超えて山を超えて内モンゴル自治区・阿拉善(アラシャン)までカシミヤ(カシミア)に会いに行った時の記録です。     寧夏から内モンゴルへ 寧夏回族自治区の州都、銀川から北へ行き先は内モンゴル・何かあったらと大量のペットボトルを積み込んで、いざ出発! 乾燥の半砂漠をひたすら走ります...

続きを読む
〜カシミヤを休ませよう〜品のあるカシミヤを保つ秘訣

〜カシミヤを休ませよう〜品のあるカシミヤを保つ秘訣

セーターを着ていて「袖口や襟ぐりが伸びきった…」経験はございませんか。 特に高価なカシミヤセーターなど、伸びて着られなくなったらとても悲しいですよね。   セーターを長くご愛用いただけるよう、UTOでは「カシミヤを休ませることが大事!」を"お手入れ"ページでも強くご案内しております。   →...

続きを読む
UTO HOME

UTO HOME

UTOの新シリーズ「お家で使うカシミヤニット」 カシミヤの温もりを感じながら過ごすお家の時間。 心地よい肌触りに幸せを感じながら、 毎日の暮らしをちょっと贅沢なひとときに。     Item1 ふんわり編んだ、ふわとろ極上の肌触り 「天使のかのこ編みブランケット」 ふんわりと、...

続きを読む
〜色と空気のブレンド〜UTOオリジナル「四つ杢糸」

〜色と空気のブレンド〜UTOオリジナル「四つ杢糸」

定番のカシミヤ糸とは違うUTOオリジナル「四つ杢糸」四つ杢糸でお作りしたニットアイテムは、「一度着たら他のニットが着られなくなる、ヌメリ感のある独特な肌触り」と多くのお客様に感動をいただいております。 皆様に愛されるこの「独特の肌触り」と四つ杢糸の生み出す「深い上品な杢色」には、UTOだけの...

続きを読む
天使シリーズ - ロングセラーの秘密

天使シリーズ - ロングセラーの秘密

~極上の肌触り~ふわっふわっ、とろっとろっ 一生モノの育てるカシミヤニットストール     天使のストールとは   天使のストールは一番敏感な首に巻くため、織物とは違いあえて“甘め”にざっくりと編んで“肌触り”を追求しています。   長年にわたり研究そして厳選した糸選び、高度な...

続きを読む
〜風合いもUTOのこだわりです〜デザインごとに違う風合いの出し方

〜風合いもUTOのこだわりです〜デザインごとに違う風合いの出し方

イタリアのスーツを作っているメーカーでは、試着だけを仕事にしている人がいるそうです。 毎日毎日スーツに袖を通して出来上がったスーツの着心地をチェックするんだそうです。袖を通した途端に『チョットここが違うとか、不自然とか』服の出来具合が分かるそうです。そして、『今日は何事もなかった』というのが一...

続きを読む